ヘアースタイル

工夫次第!?保育士のヘアスタイル


他の職業ならそこまで言われないのに、なんで保育士さんだけはこんなにも厳しくヘアスタイルを言われるの?
そんな不満をお持ちではないですか?

確かに、周りの人たちを見てみると、いろんな髪型を楽しんだり、カラーリングをしたりと自由度が高いですよね。

保育士さんになるとその自由度はなくなってしまったように思えますよね。
しかし、ちゃんとしたルールの中でアレンジすれば、保育士さんでもおしゃれで可愛くなれるんですよ。

今回はその方法や、身だしなみについてご紹介します。

著者:福岡県 30代後半女性:保育歴11年 – 参考:保育士求人

■保育士さんがヘアスタイルも気にするのはどうして?

これは、他にも、介護士さんや看護師さんなどにも共通して言えることです。
スッキリまとまっていて、きちんとしていると、業務にも支障が出ず安心感も増すんです。

対人の職業なので、ヘアスタイルにも、きちんと感を持たせることで、相手に不快な感情を持たせないという狙いがあります。

保育士さんは子どもや保護者と接する機会が多いです。
なので、ヘアスタイルで印象から損をしないようにしておくことも大切な心構えです。

介護士さんや看護師さんなら、普段アレンジするのに気にならない小道具も、保育士さんになると、ちょっとどうかな?と思ってしまうものもあります。
そこで、保育士さんならではの目線でもう少し詳しく見ていきましょう。

ヘアースタイル
ヘアスタイル

■保育士さんが一番たくさん関わるのは子ども

やはり、職場に行くと、いるのは当然、子どもたちです。
子どもたちは、先生の事が大好きです。

たくさん楽しい事を教えてくれたり、自分がしたい!と思ったことを後押ししてくれたりする存在だからです。

なので、子どもは信頼している保育士さんには、飛び込んできます。
それはもう文字通り、身体ごとです。

そこで、保育士さんのヘアスタイルを崩さないように、とかそんな気遣いはできません。
子どもですから、当然です。

もし、うっかり子どもがあなたの髪の毛目指して飛び込んできたとします。
そこには、アレンジで使っている無数のヘアピンがあったらどうでしょうか?

子どもを傷つけることにも繋がります。

また、小さな赤ちゃんを抱っこする時も、ヘアピンなどがたくさんついているとどうでしょう?
赤ちゃんは物珍しいものを触りますよね。

あなたのヘアピンも触るでしょう。
子どもの服や手に引っ掛かってしまうと危ないものです。

なので、ヘアピンばかりを使ってアレンジするのは、保育士さんは避けた方が無難です。
ヘアピンはやはり美容師さんにして貰うわけではありませんので、どうしてもヘアースタイルが崩れてきます。

何度も直す時間もありませんよね。
ヘアピンを使うよりは、ゴムできちんと結んで、アレンジをする方が、適切ですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です